2012年2月4日(土)から5日(日)にかけて
「アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2011」が行われました。
アクエリアンエイジ3大トーナメントを勝ち抜いた15名に2010年度の日本王者を加えた16名で、2011年度の日本王者を決定します。
果たしてだれが日本一の座を勝ち取ったのか、その模様をお伝えしてまいります。


アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2011 1日目

まずは4日(土)に行われたAKIHABARAゲーマーズ本店にて行われた本戦。
試合開始前は16名のプレイヤーが和やかに談笑していましたが、試合が始まると一転。
皆さん真剣な面持ちに変わります。

チャンピオンカーニバルではスタンダードスタイルとエクストリームスタイル、
2スタイル通して同名のカードは4枚までとなる特殊構築戦を採用。
それぞれのスタイルでスイスドロー4回戦を行い、両スタイルの成績を合算して上位を選出します。


アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2011
スタンダードスタイル対戦

まずはスタンダードスタイルの対戦。
昨年は「ゴシックヴァンパイア“レイチェル・ルォノヴァーラ”」や「雪女“雪乃”」、
多段ブレイクの「“宿利原 ぽち”」などのネームレベル、「茨の枷」や「ベルゼバブの渇望」、
「エリスの黄金林檎」といったプロジェクトカード・ファストカードなど、
ダークロアの強力なカードを用いたデッキが多くみられました。

しかし今回の最多となったデッキの勢力は「E.G.O.」。
昨年最も多かったダークロアを選択したのは1名のみです。

4回戦の試合の末、スタンダードスタイルで全勝したのは「E.G.O.」の「病弱少年“遊佐 隆幸”」によるパワーカードの補給と「コミュニケイトデバイス」によるエフェクトを組み合わせ、「ラファール“北条 風花”」にパワーカードを移動してガードをさせないというコンボデッキで挑んだ「sue」さん。 3勝1敗で「しののめのの」さんと「ヒデ(スナフキン)」さんがそれを追います。


アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2011
エクストリームスタイル対戦

小休止の後エクストリームスタイルの4回戦へ。
こちらも最多となったのは「E.G.O.」のデッキ。
スタンダードスタイルで「E.G.O.」デッキを選択しなかった人はエクストリームスタイルで「E.G.O.」をチョイス、という方も多かったようです。
こちらでは「E.G.O.」のネームレベル“ミコト”を中心にしたデッキの
「春紫苑」さんが全勝をおさめます。

全勝者・7勝1敗ラインの人が0となり、大混戦を極めたチャンピオンカーニバル本戦。
両スタイルでそれぞれ1敗を守った「しののめのの」さんと「ヒデ(スナフキン)」さんが
それぞれ1位と2位で通過。
3位と4位にエクストリームスタイル全勝者の「春紫苑」さん、
スタンダードスタイル全勝者の「sue」さんが入り、決勝トーナメントへと足を進めます。

 

アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2011 2日目

そして5日(日)。
本戦を通過した上位4名が決勝トーナメントで日本王者の座を目指して戦います。


アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2011 準決勝戦

まずは準決勝戦。
本戦通過順位1位の「しののめのの」さんと4位の「sue」さん、
2位の「ヒデ(スナフキン)」さんと3位の「春紫苑」さんの対戦が行われました。

アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2011レポート写真

緊迫した空気の中試合はスタートしました。
先に動きがあったのは「しののめのの」さんと「sue」さんの対戦。
1本目のスタンダードスタイルの試合を、イレイザーデッキで挑んだ「sue」さんが勝利し、2戦目に入ります。 一方の「ヒデ(スナフキン)」さんと「春紫苑」さんの対戦は、スタンダードスタイルとエクストリームスタイル共に「春紫苑」さんが勝利。
先に決勝戦に駒を進めます。

「しののめのの」さんと「sue」さんの試合は、2本目のエクストリームスタイルの対戦で序盤から順調に展開した「しののめのの」さんが「sue」さんの場を作らせず勝利。
1対1となり、勝負の行方は3本目に委ねられます。

アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2011レポート写真

3本目は、本戦で上位の「しののめのの」さんがスタイルを選択。
「E.G.O.」に対して強い「滅天使“カマエル”」を手札に持つ「sue」さんですが、
軽コストのブレイクカードを引けず展開に苦しみます。
ようやく「滅天使“カマエル”」をブレイクすることに成功するものの、
「しののめのの」さんの場には「ガールフレンド“小石川 愛美”」が臨戦体制に。
アビリティにより「滅天使“カマエル”」は捨て札になりませんが、
パワーカードの補給が少ない「sue」さんは猛攻を全て受け止めきることができません。
「しののめのの」さんが落ち着いて相手を攻め切り、3本目を獲得。決勝戦に進みます。


アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2011 決勝戦 1本目

いよいよ決勝戦。 まずは1本目のスタンダードスタイルです。
じゃんけんで勝利したのは「しののめのの」さん。後手を選択し手札を確認。
引き直しを選択します。

アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2011レポート写真

先攻1ターン目。
「春紫苑」さんはメインフェイズ開始時に「忍者装束」を捨て札し、
デッキから「純喫茶店員」をセットし、勢力エリアにセット。
そのまま「純喫茶店員」を支配し、ターンを終了します。

続く後攻2ターン目。
「しののめのの」さんは「学園祭メイド」「バーキープ」を勢力エリアにセット。
悩んだ末2体とも支配し、ターンをエンド。
「自分がキャラクターを支配せず、相手の場にキャラクターがいる時に必要ファクターとコストを無視してセットできるブレイクカード」が出てこない序盤のターン。
両者メインファクターのキャラクターを増やすにとどまり、展開に苦しみます。

それぞれ3ターン目に「博物学者“葛洪”」「クラスメイト“小石川 愛美”」をブレイクしますが、
まだ流れを大きく動かすには至りません。

先攻4ターン目。
「春紫苑」さんは勢力フェイズ中に「法力少女」のエフェクトを使用宣言。
「恋人“織倉 縁”」「四神青龍の巫女“竜ヶ崎 藍”」が手札に加わります。
手札に加わった「四神青龍の巫女“竜ヶ崎 藍”」を「春紫苑」さんはブレイク宣言。
守りを固めようとします。

後攻4ターン目。
支配キャラクターのスキルによりなんとドローフェイズでは一気に8ドローとなった「しののめのの」さん。引いたカードを見た瞬間、「よし!」と声がこぼれます。
その言葉の通り一気に展開。

まずは「コスプレ売り子」「斎木インダストリー代表取締役社長“斎木 麗名”」でブレイク。
「コスプレ売り子」のアビリティで序盤でパワーカードとしてセットしたキーカードを手札に加え、更に“斎木 麗名”のセット時のアビリティで「進藤家の食卓」を手札に加えます。

続いてこの「進藤家の食卓」を使用宣言。
これを「春紫苑」さんは「送り雛」でカウンターします。
このカウンターは成功。
しかし「しののめのの」さんは手札にあったもう1枚の「進藤家の食卓」を使用宣言。
この宣言が通り、「アクトレス“烏社 零”」「ジューンブライド“清川 理恵”」の2枚を手札に加えます。

次に「クラスメイト“小石川 愛美”」「ガールフレンド“小石川 愛美”」でブレイク。
更に相手の場の「純喫茶店員」「ジューンブライド“清川 理恵”」で横取りブレイクし、
「春紫苑」さんの支配キャラクターを減らします。
そして「ガールフレンド“小石川 愛美”」でアタック宣言。


これに対し「春紫苑」さんはガード宣言しません。
すると「しののめのの」さんは1コストで「デジタルフュージョン」を使用宣言。
レスポンスで「春紫苑」さんは「ガールフレンド“小石川 愛美”」に対して「折り紙」を使用します。 効果はメインフェイズ終了時までのアタック宣言の無効化を選択。
このまま解決され、「デジタルフュージョン」によって公開されたのは「五大明王“不動明王”」
ですが、「ガールフレンド“小石川 愛美”」のアタック宣言が取り消されます。

けれども、これでパワーカードをすべて使い果たした「春紫苑」さん。
この様子を見た「しののめのの」さんは「学園祭メイド」でアタック宣言。
ガード宣言できない状況に、レスポンスで「デジタルフュージョン」を2回「学園祭メイド」に使用し、攻撃力は一挙に8点に!
「春紫苑」さんのダメージが4点となったのを確認すると、もう1度アタック!
このダメージ判定でダメージが10点となり、「しののめのの」さんが1本目を勝利します。


アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2011 決勝戦 2本目

続いて2本目のエクストリームスタイル。
先攻後攻は1本目を敗北した「春紫苑」さんが選択します。
「春紫苑」さんは先手を選択。
しかしゲームがスタートし初期手札を確認すると苦しい表情を浮かべます。
初手にキャラクターを引かず苦戦する「春紫苑」さん。

一方の「しののめのの」さんもあまり好調ではない滑り出し。
しかし3ターン目で一気に軽ブレイクで展開すると、十分にパワーカードを補給して戦闘態勢に。
キャラクターの支配に伸び悩む「春紫苑」さんに対し、4ターン目に一気に猛攻を仕掛けます。
この猛攻でダメージが9点に。

先攻5ターン目の勢力フェイズのアタックに際し、
「しののめのの」さんがレスポンスで「ベルゼバブの渇望」を2コストで使用宣言。
これが決め手となり、ダメージが10点に。

結果、2対0で「しののめのの」さんが見事勝利し、
日本王者の座を防衛しました。 おめでとうございます!

アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2011レポート写真

 

入賞者デッキレシピ