2012年5月20日(日)、博多にあるASCビル1Fホールにて、
「アクエリアンエイジグランドクロストーナメント博多」が行われました。

2012年のアクエリアンエイジチャンピオンカーニバルへの出場権をかけた最初の戦い。
皆さんの気合の入り方が違います。 会場には全国各地から予選大会を通過した特別招待枠参加者に当日枠の参加者を加え、合計38名で大会はスタートしました。

魔力の水嶺環境のギャラクシースタイルのデッキということで、どんなデッキが出てくるか注目を集めましたが、特に多かったのはイレイザーデッキ。参加者の約1/3が使用していました。
その後を次点はWIZ-DOM・ダークロア・極星帝国のデッキがほぼ同数で並びます。

会場風景

スイスドローは合計6回戦。
最終戦を1番卓で迎えたのはそれまで全勝の「めがねん」さんと、
1分で「めがねん」さんを追う「mei.A」さんです。
「めがねん」さんのデッキは「野良猫“久遠寺 みやこ”」中心のダークロアデッキ。
一方の「mei.A」さんは「竜神“阿那婆達多”」をメインに据えた阿羅耶識デッキです。
この対戦、勝利者は確定で優勝となるため熱のこもり方が違います。

じゃんけんの結果先攻をとったのは「めがねん」さん。
1ターン目は両者メインファクターを支配しますが、 2ターン目になると「めがねん」さんが動きます。 勢力フェイズのアクティブキャラクターからの攻撃で一気に勢力エリアにキャラクターを展開すると、勢力エリアのキャラクターを「ルーフェンローレライ」でブレイク。
さらに「山子」「スペースフロイライン」を支配し、ダークロアのファクターを3まで伸ばします。

一方の「mei.A」さんは勢力フェイズでキャラクターを展開できずダメージに。
「娘仙」を支配するにとどまります。

3ターン目。「めがねん」さんはメインフェイズ開始時に「猫“久遠寺 みやこ”」のサーチを使用し、「野良猫“久遠寺 みやこ”」を手札に。
さらにメインフェイズで「野良猫“久遠寺 みやこ”」をブレイク!
「野良猫“久遠寺 みやこ”」にパワーカードをMAXまでセットし、ターンを終了します。

ここで「mei.A」さんはある程度盤面を広げたい状況。
しかしながら、劣勢をどうにかできるカードを引けず、
軽コストのブレイクカードをセットするにとどまります。

会場風景

先行4ターン目。「めがねん」さんは「野良猫“久遠寺 みやこ”」で猛アタック!
攻撃力の低い阿羅耶識ではこれを迎撃できません。
途中のダメージ判定で序盤にあまり引けなかったキャラクターカードがずらりと並びますが、ダメージはじわじわとたまっていきます。 「野良猫“久遠寺 みやこ”」のアタックが終わると「めがねん」さんはそのまま支配キャラクターでも一斉攻撃!

「mei.A」さんのダメージは9点でとどまりますが、万事休す。
次のターンの勢力フェイズ。
勢力エリアに並ぶアクティブキャラクターが「mei.A」さんを攻めます。
これを自身で受けますが、判定でダメージが。

結果、「めがねん」さんが勝利し、全勝で「アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2012」への出場権を獲得しました。おめでとうございます!

上位入賞者

当日のサイドイベントは「アクエリランブル」「アクエリ道場」を開催しました。
「アクエリランブル」はギャラクシースタイルをメインに開催。
「アクエリウェルカムパーティー」をきっかけにスタートしたという人も遊びに来て参加されていました。 経験者さんは時折他のスタイルでの対戦も織り交ぜながらプレイしていたようです。
「アクエリ道場」にはティーチングやデッキ診断、道場破りを希望する方の姿が。
短い時間ながらも楽しんでいた様子でした。

イベントのラストには閉会式。
表彰式やユーザーの皆さんからの告知タイムが行われ、最後にお楽しみ抽選会。
じゃんけん大会では白熱のバトルや珍プレイが飛び出し、
皆さんの盛り上がりが最高潮に達する中終了しました。
ご来場いただきました皆様、誠に有難うございました。

次回はアクエリアンエイジグランドクロストーナメント名古屋」。
今回の結果を受けてどんなデッキが登場するのか、目が離せません!


入賞者デッキレシピ