2012年6月24日(日)東京の新橋にあるスタンダード会議室8階ホールにて、「アクエリアンエイジグランドクロストーナメント2012」開催。

外は生憎の曇り空でしたが、大勢の方のご来場がありました。
さっそくイベントの模様をレポートしていきましょう。

メインイベント「アクエリアンエイジグランドクロストーナメント2012」。
東京会場は4地区のトリとなりました。 「魔力の水嶺」環境最後の大会ということもあり、皆さん各地区の結果を踏まえて入念に調整してきた模様です。

デッキで最も多かったのはイレイザーのデッキ。
「ソリッドシップ“ノーチラス”」でのファストタイミングでのダメージでコントロールしながら制圧するタイプの、他地区でも上位入賞されたタイプです。
ですが、イレイザーデッキは最多であるものの全体の割合でみれば少なくなっていました。
代わりに、阿羅耶識・WIZ-DOM・ダークロア・極星帝国のデッキを使用する人が増えた様子です。

会場風景

大会はスイスドロー8回戦で行われました。
最終戦を1番卓で迎えたのは「mei.A」さんと「勇気」さん。
「mei.A」さんは名古屋会場で既に優勝して「アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル」への出場権を獲得。
7回戦目の「WISP」さんとの対戦で、「グレイドラグーン“ズィリーラ=ヴァルラ”」に「ステルスコート」をセットしての急襲を2連続で繰り出し、全勝で1番卓へ。
対する「勇気」さんは途中の回戦で1つ黒星をつけてしまうものの、
それ以外をきっちり勝ち続け最終戦へとつなぎました。

 

「mei.A」さんの使用するのはイレイザーデッキ。
「ソリッドシップ“ノーチラス”」で相手の場を妨害・コントロールしながら自分の流れを作り戦います。
一方の「勇気」さんは極星帝国デッキ。
極星帝国は単純な勢力相性だとイレイザーに有利。
福岡・名古屋・大阪で使用率の高かったイレイザーを意識し、
レジストイレイザーを持つ「ダークサイドウォッチャー」なども採用されています。

序盤は両者メインファクターを中心に展開。 勢力フェイズで僅かにダメージを受けるものの、軽ブレイクも用いながらファクターを伸ばします。

 

先に動いたのは「勇気」さん。
レジストイレイザーを持つ「ダークサイドウォッチャー」をブレイクした後、プロジェクトカード「ライトニングストーム」を使用宣言。
お互いの場のアグレッシブをもつキャラクターを焼き払おうとします。
しかし「mei.A」さんはファストタイミングで「ソリッドシップ“ノーチラス”」をブレイク。
「勇気」さんの場のファクターは十分なためプロジェクトカードの発動自体は止めることができませんが、コストと支配キャラクターの減少を最低限に食い止めながら、アビリティによるダメージで「勇気」さんの場の「ダークサイドウォッチャー」を捨て札し、牽制します。

大幅にパワーカードを消耗した「mei.A」さん。その一方で相手の場に耐久力を上回る攻撃力のキャラクターは存在しない為、「ソリッドシップ“ノーチラス”」で反撃に出ます。
じわじわとダメージがたまっていく「勇気」さん。

 

返しの「勇気」さんのターン。「勇気」さんは「ソリッドシップ“ノーチラス”」への対抗手段として「ソードファイター“フォルナ・スウェーデンボルグ”」をブレイク宣言。
ですが、ここで「mei.A」さんは再度「ソリッドシップ“ノーチラス”」をファストタイミングでブレイク宣言!2ターン連続のブレイクに「勇気」さんの計算が狂います。

このアドバンテージを活かし一気に戦況を傾けたい「mei.A」さんでしたが、
パワーカードの消耗が激しくあまり攻勢に出れません。
幾度か支配キャラクターで攻撃を仕掛けますが、「勇気」さんは「エンジェルウェイトレス」による精神攻撃をうまく駆使しながら、支配キャラクターを大きく減らさずに相手の攻撃回数を制します。

 

ゲームは終盤、残りデッキもわずかに。
「勇気」さんはレジストイレイザーを持つ「ダークサイドウォッチャー」をブレイク。
逆に攻撃に転じます。 「mei.A」さんは「ソリッドシップ“ノーチラス”」でこれを防ぎますが、 両者互いを倒すことはできません。

手数の多い「勇気」さんに対してバトルできるキャラクターの限られている「mei.A」さん。
自身でダメージを受けた時の勢力エリアのキャラクターも並び、追い込まれます。
残りデッキが3枚といったところで勢力エリアに並ぶ精神力1以上のアクティブキャラクターはドローキャラクターのみ。 支配すればドローが増えてしまい、支配しなければ「勇気」さんのアタック回数に対応することができません。

 

結果「mei.A」さんがデッキアウトし、ゲーム終了。
ここで全勝者が倒れ7勝1敗のプレイヤーが4名となり、オポネントの結果を待ちます。
集計の結果、7回戦目以外全て勝ち進んできた「阿羅耶識」デッキの「WISP」さんがトップに立ち、優勝となりました。おめでとうございます!

会場風景

サイドイベントにも大勢のプレイヤーが参加しました。
「アクエリランブル」は大会当日までに発売されているカードが使用可能。
「冥烙の門」発売直後ということもあり、皆さんさっそく「冥烙の門」のカードを使用したデッキで楽しそうにプレイされていました。 特に「冥界ファクター」を軸にした「冥界三巨頭デッキ」や「ヴァルキリーデッキ」などがよく見受けられました。

「アクエリ道場」も常に人が途絶えず、対戦を求める人やデッキ診断などで皆さん盛り上がっていました。

イベントの最後は閉会式。
まずは「アクエリアンエイジグランドクロストーナメント2012」で上位に入賞したプレイヤーの表彰式。 入賞者には来場者の拍手の中賞状と賞品が受け渡されました。
締めにはお楽しみ抽選会が行われ、全てのイベントが終了。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。


入賞者デッキレシピ