2012年12月9日(日)、「池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート4F」にて「カードゲーム感謝祭2012冬」を開催致しました。

会場内では「アクエリアンエイジ」「ファンタズマゴリア」「Lycee」「Z/X」の4タイトルのイベントに加え、「SILVER BLITZ」の来春スタートする新作TCG「スカイガレオンTCG」の体験会が行われました。

アクエリアンエイジは「アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2012」への最後の出場権を賭けた「アクエリアングランプリ2012決勝大会」を中心に開催。
早速イベントがどのような様子だったのかをお知らせしていきましょう。

会場風景

開場と同時に受付を開始したのは「アクエリアングランプリ2012決勝大会」。
全国の予選大会を勝ち抜いたプレイヤーがトップの座を目指して集結します。
今回の大会で多かったのはイレイザーデッキ。高い攻撃力を持つイレイザーを選択した方が多かった模様。
続いて多かったのはダークロアとE.G.O.。そのあとを極星帝国、WIZ-DOM、阿羅耶識と続きます。 前回の「アクエリアンサバイバルトーナメント18」で見られた「山吹色のお菓子」と「カレイドスコープ」のコンボデッキはほとんど見られませんでした。

 

大会はスイスドロー7回戦で行われました。
最終戦まで全勝で勝ち残ったのは「勇気」さんと「かんすわ」さんの2人。
この対戦で勝利した方が優勝となります。

「かんすわ」さんのデッキはイレイザーデッキ。
プロジェクトカードで広範囲にダメージを与える「メテオバースト」を採用しつつ、ドラグーンとサイボーグを足回りにして軽ブレイクを3種積んでいます。
ネームは「グレイシャル・ドラグーン“ィミ・リュイリール”」を採用。“ィミ・リュイリール”以外のアタックコストとガードコストを引き上げて、攻撃と防御の回数を減らしけん制します。
一方の「勇気」さんは極星帝国のデッキ。
対象は限られますが同じく広範囲にダメージを与えるプロジェクトカード「ライトニングストーム」を4枚投入。これで相手の動きを遅らせながら、メインネーム“フォルナ・アンタレス”を出し、ファストカードでフォローしながら戦うデッキです。

 

ゲームは「かんすわ」さんが先攻を取ってスタート。
1ターン目は両者自分のメイン勢力+補給能力のチャージ1を持つキャラクターを支配してターンを終了。 続く2ターン目。「かんすわ」さんはこのターンもキャラクターの支配のみで終了しますが、対する「勇気」さんに動きが。
後攻2ターン目に1ファクター1コストの軽ブレイクを一気に2枚ブレイク。
そのうち1枚は「ダークサイドウォッチャー」。レジストイレイザーを持つブレイクカードです。

このブレイクに頭を悩ませる「かんすわ」さん。
レジストイレイザーのスキルにより、イレイザーの特徴である高い攻撃力で序盤から攻め立てることもできず、「ダークサイドウォッチャー」の攻撃に対して相討ちに持ち込むこともできません。
「かんすわ」さんは続く先攻3ターン目になんとか4ファクターを確保することができますが、その直後の後攻3ターン目に「勇気」さんは「ライトニングストーム」を使用宣言。「かんすわ」さんの場のドロー+1やチャージ1のスキルを持つキャラクターが捨て札されていきます。

 

先行4ターン目、イレイザーとWIZ-DOMのキャラクターを2体支配し「ダークサイドウォッチャー」へのけん制をはかる「かんすわ」さんですが、後攻のターンのメインフェイズにはいると、なんと「勇気」さんはもう一度「ライトニングストーム」を使用!
パワーカードをセットされたキャラクターがイレイザーのみになったところで、
「勇気」さんは「ダークサイドウォッチャー」を中心にアタック宣言開始!

4ターン目終了時には「かんすわ」さんのダメージが7点に。
5ターン目に入った「かんすわ」さん。ブレイクなどはできませんでしたが「ダークサイドウォッチャー」の足止めが可能な精神攻撃を持つ「バチカン衛兵」を支配。

後攻5ターン目、支配キャラクターが少ない「勇気」さんは「ダークサイドウォッチャー」が倒れてしまうと形成が逆転する可能性が高いため、アタック宣言せずパワーカードフェイズへ。
慎重に動きます。

 

先攻6ターン目、それまで防戦一方だった「かんすわ」さんが動きました。
支配キャラクターでアタック宣言開始。
「勇気」さんはこれを「ダークサイドウォッチャー」でガードします。
その動きを見て、「かんすわ」さんは別の支配キャラクターに「ステルスコート」をセットしてアタック宣言! アグレッシブのキャラクターが出て勢力フェイズでのアタックが増えることに期待しますが、思惑は外れダメージのみに。
ですが「勇気」さんの支配エリアのパワーカードは削れ、続く後攻6ターン目はアタックせず終了します。

この隙を逃さず「かんすわ」さんは先攻7ターン目も「ステルスコート」を支配キャラクターへセットしてアタック!このアタックの結果「勇気」さんのダメージは5点に。
続けて仕掛けることはできず、パワーカードをセットしてターンを終えます。
一方の「勇気」さんも7ターン目は同じくあまり行動できないままパワーカードフェイズに。
攻撃に備えてパワーカードを補充します。
なんとか“ィミ・リュイリール”を場に出して攻撃を止めたい「かんすわ」さん。
しかしドローしたカードに恵まれず8ターン目は支配キャラクターを増やすのみで終了。

 

このチャンスを「勇気」さんは見逃しませんでした。
「勇気」さんは支配キャラクターで一気に猛アタック!
ダメージがもうあまり受けられない「かんすわ」さんはキャラクターで防ぎます。
ですが今の状況で一番厄介な「ダークサイドウォッチャー」はなんとか支配している「カロン」でけん制できているものの、イレイザーのファクターは0に。
「勇気」さんの怒涛の攻撃が続く中、「かんすわ」さんのデッキは残り2枚となり万事休す。

先攻10ターン目に「かんすわ」さんは「カロン」でアタック宣言。これはガードされひとまずドローフェイズの枚数は減りますが、新たに「ダークサイドウォッチャー」を防げるキャラクターをセットすることはできず。
後攻10ターン目、「勇気」さんは「ダークサイドウォッチャー」で殴りきり「かんすわ」さんのデッキが0枚になって決着。
「勇気」さんが優勝を勝ち取り、「アクエリアンエイジチャンピオンカーニバル2012」の最後の一枠を獲得しました。おめでとうございます!

 

サイドイベントの「アクエリランブル」にも大勢のマインドブレイカーが参加。
前回の「アクエリアンサバイバルトーナメント18」の時には練り込めなかった「金色の閃姫」環境デッキを今回にあわせて持ってきてプレイされた方も。
遠方からの来場者も多く、普段はなかなか会えない方との対戦を皆さん楽しんでいるようでした。

イベントの最後には「アクエリアングランプリ2012決勝大会」の上位入賞者の表彰式が行われ、2012年のアクエリアンエイジのイベントは終了。
当日ご来場いただきました皆様、誠に有難うございました。

会場風景


入賞者デッキレシピ